--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.01.30

Narcissus cantabricus var. petunioides セルフ実生

Narcissus cantabricus var. petunioides
Narcissus cantabricus var.petunioides self seedlings from original clone

2004年1月播種、2004年11月発芽、2008年2月実生初花開花。
冬至の頃より日射しが強くなってきて、昼間の温度が連日10℃を超えるようになった。ペツニオイデスは、カンタブリクスの中では遅咲きだと思う。咲き始めは、去年より5日早い1月27日。

Narcissus cantabricus var. petunioides
Narcissus cantabricus var.petunioides self seedlings from original clone

一昨年も去年も、最初に咲いた個体は開き初めの副冠がこんな感じに波打ってた。後から咲いてくる個体は、波打たずにきれいに広がってきたから、やっぱり遺伝的なものなのかなあ。開き切れば整うと思う。右下に写ってる別個体のツボミは、8弁花かな?

25日に届いたタネの播種準備は、土入れまで終了。これから、めんどくさいラベル書きしなきゃ。

この記事へのトラックバックURL
http://plantsman.blog46.fc2.com/tb.php/95-86134875
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。