--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.01.22

Nothoscordum dialystemon

Nothoscordum dialystemon
Nothoscordum dialystemon (syn. Ipheion dialystemon) ex. an A. Castillo coll.

属名がはっきりしないって書いてあるサイトがあったから調べてみた。とりあえずWorld Checklist of Selected Plant Families: Royal Botanic Gardens, Kewで調べると、Nothoscordumが正しい。でも、園芸植物に関する権威で学名にもキビシイRHS Plant Finder: Royal Horticultural Societyでは、ノトスコルダムの学名で検索するとIpheionに分類されて結果が表示される。

2004年10月播き、2004年11月発芽、2008年3月初花。タネを買ったJJA SeedsのリストではIpheion dialystemonだったから、RHS派なのかなあ。

Nothoscordum dialystemon
Nothoscordum dialystemon (syn. Ipheion dialystemon) ex. an A. Castillo coll.

6弁花がふつうらしいけど、うちで咲くのはほとんど8弁花。ハゴロモジャスミンにそっくりな香りがする。

欧州の球根を扱ってる業者のカタログを見ると1球700円くらいしてるところもあって、日本じゃあまり見かけないクロッカスの栽培品種が1球80円くらいで売られてるのと比べると、かなりなお値段。ウチでは殖えが良すぎて、もらい手探しに困ってるけど…。

Scilla siberica subsp. taurica
Scilla ingridiae (syn. Scilla ingridiae var. taurica) ex. R.& R. Wallis 93-33

おまけ。みるみる花茎が伸びて…と言っても、ツボミの先端まで2cmない。

この記事へのトラックバックURL
http://plantsman.blog46.fc2.com/tb.php/92-29b926cc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。