2009.12.31

大晦日

Narcissus rupicola subsp. marvieri
Narcissus rupicola subsp. marvieri (from Morocco, Middle Atlas, S of Ksar-el-Ksiba. 1700m)

2004年1月播種、2004年12月発芽。今シーズンで実生5年目に突入。咲くかなあ…

Narcissus cyclamineus from Portugal
Narcissus cyclamineus ex J. W. Blanchard 02-01

寒いのに10日前と比べると、かなり葉が伸びてる。まん中から覗いてるのは、苞葉の先っぽのように見えるけど…咲くか?

春咲きの小球根類、その中でも早咲きの種類を育てていて感じることは、その種類固有の低温要求の条件を満たしてしまうと、気温にはあまり影響されずに急激に抽台するような気がする。ほとんど葉もない状態で土の中にいるから、日長というよりも、その種類が目覚めるのに必要な温度と、その低温に晒される期間が重要なんだろう。今年は、ずっと暖かかったけど、12月中下旬に例年の厳冬期より冷たい寒気がやってきたから、目覚めちゃった種類がありそう。さらに元日をピークにまた寒気が来てるから、さらに目覚める種類が増えるかも。

2月に欧州に行ったときに、日陰には雪が残っていて霜柱も立っているのに、日本ではこれから咲いてくるガランツスやエランシス、小型のラッパスイセンが満開で驚いたことがあったけど、開花に必要な低温条件を早い時期に満たしていたからなんだろう。日本の冬は冷え込みが弱くて、逆に低温条件を満たすのが遅れるのかも知れない。

この記事へのトラックバックURL
http://plantsman.blog46.fc2.com/tb.php/84-9012befa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

我が家の冬から早春に掛けて咲く球根類が
例年より早く咲き始めてるのは11月の寒さの
せいかもしれないですね。
中旬には氷が張りましたから低温要求量が達して
しまったのかもしれないですね。


Posted by saku at 2010.01.02 17:23 | 編集
saku様

こちらこそ、今年もよろしくおねがいします!
ブログも楽しみにしてます。いろいろ教えてください~

ウチもいつもより早いんです。。。
いつもだと1月下旬あたりがいちばん寒くなるのに、
去年のうちに、それより寒い日が数日続いたりしたせいなのかもです。
これで寒さが緩むと、一気に咲いてくる種類がありそうですね。
寒咲きクロッカスの仲間や、スキラ、ムスカリなんかが動き出してます。
Posted by plantsman at 2010.01.02 20:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する