2009.12.29

The Bulbocodiums

a Narcissus romieuxii var.zaianicus seedling (no data)
a Narcissus romieuxii var.zaianicus seedling (no data)

由来不明のザイアニクスの実生。黄色味が強いけど副冠が歪んでいて残念。苞のなかでギュウギュウになってたから、満開になれば形が整うのかも?と様子を見てたけど、これで精一杯な感じ。去年もこんなんだったから、こういう咲き方をする性質なんだろう。惜しいなあ。

The Bulbocodiums
A range of hoop petticoats

バルボコディウム節のいろいろ。左端はザイアニクス var. アルビドゥス MS 168、右端はテヌイフォリウス×ザイアニクス、中二つは花を見ないで譲っていただいたザイアニクス。う~ん、花色や副冠にヴァリエーションがあるのは楽しいけど、歪んだりヨレたりしてるのは…。並べてみると、いつまでも採集番号が着いて出回っているものや、交配選抜されてるものは、葉の長さや全体の草姿も含めて、かなり良いものなんだなあと、よく判る。

この記事へのトラックバックURL
http://plantsman.blog46.fc2.com/tb.php/83-a21acd0e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんは~。
昨年ホームセンターで球根で入手したザイアニクスも
微妙に花弁が歪んでてブログにはアップしてません。
花を確認して買うのが一番なんでしょうが
中々難しいですからね。
気に入った花で種を採って選抜して行くのが良いんでしょうね。
テヌイフォリウス×アルビダス・・・
ありがとうございます。
増えたらでお願いします。
Posted by saku at 2009.12.29 20:59 | 編集
saku様

こんばんわ。また寒気が来てるみたいですね……
やっぱり副冠が歪むのは、もともとの性質なんですね。
いちばん確実なのは、名称つきの選抜個体の栄養繁殖球なんでしょうけど、
そればっかりじゃ、つまんないっす。せっせとタネまきしましょう!
テヌイ×アルビは了解しました~。殖えは良いので、ほぼ確実デス。
Posted by plantsman at 2009.12.29 23:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する