--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.12.02

Narcissus ‘Hatsuyuki (初雪)’

Narcissus ‘Hatsuyuki (初雪)’
Narcissus ‘Hatsuyuki (初雪)’
Narcissus ‘Hatsuyuki (初雪)’
Narcissus ‘Hatsuyuki (初雪)’
Narcissus ‘Hatsuyuki (初雪)’
栽培しているペチコート水仙の中で、たぶん一番花径が大きい栽培品種。作出時の交配組合せを知りたい。

Narcissus ‘Hatsuyuki (初雪)’
From left to right: Narcissus ‘Shirayukihime (白雪姫)’, N. cantabricus var. foliosus, N. ‘Hatsuyuki (初雪)’
いろいろ比較。

この記事へのトラックバックURL
http://plantsman.blog46.fc2.com/tb.php/512-278b3edf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
サイズも大きい上に花型も良いですね。

雰囲気は初雪だけど本来の初雪では無い何かなんでしょうね。
初雪の結実率は低いから零れ種で出来たとは
考えにくし芽状変異なんですかね。
比較すると圧倒的な大きさですね。

Posted by T.A at 2015.12.03 01:36 | 編集
そうなんですよ、セルフで完熟したのが1粒でした。
ペツニオイデスの花粉を付けたのも1粒しか穫れなくて
種子親としては、ほとんど使えないのかも知れないです。
でも、他の花に花粉を付けたのは、良く結実して
つやつやした良い種子が穫れてるので、ウイルスに罹ってるのが
本当に残念です。
Posted by plantsman at 2015.12.03 17:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。