2014.12.06

Narcissus '黄宝'

Narcissus '黄宝'
Narcissus '黄宝'

今シーズン最初のペチコート水仙が開花した。夏の天候不順の影響なのか、秋植えの球根類の開花が全体的に早い。

Narcissus '黄宝'
Narcissus '黄宝'

雄しべが花筒と副花冠の境目までしかなくて短いことや、小花柄があるのはバルボコディウムぽいけど、早咲きで香りがあるのはカンタブリクスぽい。

GS 2614 Moraea herrei (Springbok)
Moraea herrei

11月上旬に播種した種子が発芽し始めた。アヤメ科の発芽直後の幼葉は、イネ科の雑草と見分けがつかなくて困る。

この記事へのトラックバックURL
http://plantsman.blog46.fc2.com/tb.php/432-84346f4b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんは。

黄宝は黄色が濃いですね。
確かにバルボコとカンタブリクスの両方の雰囲気ありますが
交雑って事ではないんですかね?

早咲きの鮮やかな黄色の花作りに使えますね。
Posted by T.A at 2014.12.06 23:05 | 編集
どう見ても交雑種ですよね。種子で入手して、実生の中から選抜したそうですよ。
袋に「Narcissus cantabricus conspicuus」と書いてあったというので、
N. cantabricus x N. bulbocodium var. conspicuusの交雑種なのかも
知れないですけど、カンタブリクスも早くて1月下旬から開花なので、
その変種で年内咲きのフォリオススを使ったんでしょうかね。

葉がアンバランスに長いのが気になるので、ロミューやザイアニクスと交配した
種子を播いてあるんですけど、まだ発芽してきません。
Posted by plantsman at 2014.12.06 23:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する