--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.02.12

Iris reticulata kopetdaghensis

Iris reticulata kopetdaghensis
Iris reticulata kopetdaghensis (Iris reticulata 'Kopet Dag' MCM type)

トルクメニスタンのコペトダグ山脈で発見、命名された種。たった1輪で凄い存在感。こんなきれいな花が、ありふれた感じでそこらに咲いてる場所があることが、信じられない。

Iris historio subsp. aintabensis
Iris historio subsp. aintabensis

この花は、1輪だとちょっと淋しい感じがしたけど、2つめが開いたら雰囲気が変わった。群生させるといいかもね。

Anemone biflora, yellow flower form
Anemone biflora, yellow flower form

ビフロラ黄花の花被片の裏側。黄色一色の内側よりも、こっちのほうが良いね。

この記事へのトラックバックURL
http://plantsman.blog46.fc2.com/tb.php/387-a66029c2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
アネモネもう咲いたんですね。
外側のグラデーション綺麗ですね。
うちのはやっと2枚目の葉が完成したばかりで
花芽はまだ全然です。
今年は低温続きなので全体的に開花が遅れそうです。
Posted by T.A at 2014.02.16 21:40 | 編集
そちらは、雪が大変でしたね。
まだこれからも降ると言われても、なすすべがないですよね。

ビフロラは、吸水と芽出しを冷蔵庫の野菜室でやったので、
図らずも低温処理になったのかも知れないです。純黄色がない
パボニナやコロナリアと交配できたら面白そうです。
Posted by plantsman at 2014.02.17 00:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。