--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.03.03

Narcissus cantabricus var. petunioides

Narcissus cantabricus petunioides
Narcissus cantabricus var. petunioides, ex. Van Tubergen

うちで育てていたJJA実生のペツニオイデスが植え替え後に腐って、小球がわずかに残っただけになったときに、譲っていただいたもの。翌年、べつの方からいただいたペツニオイデス1球が、これと同じものだと判り一緒に植えた。

Narcissus cantabricus petunioides
Narcissus cantabricus var. petunioides, ex. Van Tubergen

真上からの全景。葉の数が少なく、そのぶん長く20cmくらいまで伸びるけど、やや伏せ気味に斜上するから、短い花茎の上に平開する花の邪魔にはならない。遅咲きなのをとにかく何とかしたくて、早咲きのロミューの中で、なるべく花が白くて副花冠が開くタイプの花粉をつけてみた。

Narcissus cantabricus petunioides
Narcissus cantabricus var. petunioides, ex. Van Tubergen

横から。副花冠が平開して、雌しべが雄しべとほぼ同長なのが特徴。植物学的には、カンタブリクスの変種扱いだけど、現在までのところ、自生しているカンタブリクスには同じような花を咲かせるものが見つからないため、副花冠が特に平開する変異個体と見なす意見もあるらしい。

この記事へのトラックバックURL
http://plantsman.blog46.fc2.com/tb.php/349-6850ba86
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんは。
別格に美しいですね。

蕾の時点で一般的なカンタブリクスより
丸みがあって違いが分かりますね。

球根が小さくてもう1作必要かと
思ってたJJA実生のペツニオイデスが咲きました。
ココまで平開してないですが
ぺツニオイデスの花粉付けてみました。
Posted by T.A at 2013.03.05 00:42 | 編集
こんばんは。

下手な撮影でもこんなにきれいに写るので、良い花なんだと思います。
ツボミは、仰るとおり他のよりも丸いですよね。
苞が裂けにくいのも、先が丸いせいで食い込んでいけないんですかね。

JJA実生も咲いたんですね。やっぱり1年早いですよ。
教えていただいた促成の裏技、うちでも挑戦してみます。
うちで育てたセルフ実生は、個体によって副花冠の開き方が微妙に違うのと
咲き始めの淡黄色が純白に抜けるまでの早さが、少しばらついた感じでした。
Posted by plantsman at 2013.03.05 20:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。