--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.02.11

2 different forms of Eranthis pinnatifida

Eranthis pinnatifida, Saitama
Eranthis pinnatifida, from Saitama

埼玉県旧吉田町産。やまくささんの自家実生繁殖だけど、葯の色が濃色で蜜腺の先端の黄色味が強く、白い幅広弁とのコントラストが素晴らしい。一昨年、3球を5号鉢に植え替えて2年目、1球しか発芽しなかった…実生ができてるから作り直しだ。

Eranthis pinnatifida, pink reverse, Hiroshima
Eranthis pinnatifida, pinkish reverse form, from Hiroshima

これは去年の花時に入手した、広島県旧総領町産のセツブンソウ。これも弁裏が全体的に桃色味を帯びる個体だけど、去年よりも薄いような。

Eranthis pinnatifida, pink reverse, Hiroshima
Eranthis pinnatifida, pinkish reverse form, from Hiroshima

花弁が反り返るくらいまで全開するのと、弁縁がちょっと波打つのが特徴。蜜腺の先端は緑色味が強いかな。

この記事へのトラックバックURL
http://plantsman.blog46.fc2.com/tb.php/339-7c4c9a23
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。