2013.02.07

Eranthis pinnatifida, an albino form

Eranthis pinnatifida, an albino form
Eranthis pinnatifida, albino form, from Okayama

岡山県旧備中町産の青軸素心のセツブンソウ。去年は2花で、種子を穫ったにも関わらず今年は4花に増えた。花弁も増えたがってるけど、5弁のままでいてほしい。

Eranthis pinnatifida, white anther form
Eranthis pinnatifida, white anther form, from Okayama

岡山県旧成羽町産の葯が白いタイプで素心じゃない。葯に色が付くのがふつうだと思ってたけど、濃淡~白までが混在する自生地もあるようだ。

ウチにある岡山産のセツブンソウは、開花がいちばん早い。数日遅れて埼玉産が咲くけど、その頃はまだ広島産青軸素心は表土からツボミが覗かず、10日くらい遅い。

この記事へのトラックバックURL
http://plantsman.blog46.fc2.com/tb.php/337-1362ffda
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんは。

もうこんなに咲いてるんですね。
素心じゃないのに白い蘂って面白いですね。
産地によって開花期が結構違うんですね。
うちの実生4年生はまだ全然土の中です。
埼玉産は今咲いてるみたいなので
何処産か知りたくなりました。

Posted by T.A at 2013.02.10 23:42 | 編集
こんばんは。
素心じゃない白蘂は、画像検索でいくつか出てくるので
案外いろんなところに生えてるのかも知れませんよ?
雌しべの色が引き立って、面白いです。

開花期は産地によって、かなり違いますね。
他にも、花弁が幅広弁、丸弁、細弁とか、
蜜腺の先端が黄色~緑色など、よく見ると違いがあります。

埼玉は、秩父産のがウチでもいま咲いてます。
数年前に、やまくささんで実生繁殖したポット苗を買いました。
ここのは葯が濃紫で、白い花弁と黄色みが強い蜜腺との
コントラストが素晴らしいです。特に濃色なのを選んできました。

いま欲しいのは、花弁の表側まで赤みを帯びるタイプです。
Posted by plantsman at 2013.02.11 00:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する