--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.04.05

Daffodils #6

Narcissus 'Diversity'
Narcissus 'Diversity' 11a W-PPW; Brian S. Duncan; 1999

2日に撮影した画像と比べて、かなり黄色味が抜けた。副花冠の縁も白くなって、イイ感じになった。

Narcissus 'Hillstar'
Narcissus 'Hillstar' 7 YYW-YWW; Grant E. Mitsch; 1979

ヨンキラ系の逆色で、種子親にも花粉親にもなるってことで買ってみた。副花冠は、これからもっと白く抜けてくるんだろうか?ウイルス斑がベタベタに出てるから、交配種子を採ったら廃棄しないと。そんなの売るなよ。

Narcissus 'Princess Kiko'
Narcissus 'Princess Kiko' 2 W-P; W.F. Leenen & Sons; 2008

畏れ多くも秋篠宮妃殿下の御名前を戴いた品種………こういうのって、評価が低くて人気が出なかったらどうすんのかね。咲き始めから濃いめのサーモンピンク色で褪せないのは素晴らしい。原種系でない栽培品種としては小型のほうだと思う。カタログには有香と書いてあったけど、それほど香らない。

Narcissus 'Silver Bells'
Narcissus 'Silver Bells' 5 W-W; Grant E. Mitsch; 1962

トリアンドルス系の栽培品種は、年々球根が減っていく'Ice Wings'しかなかったので買ってみた。種子親としても花粉親としても使えるらしいけど、花型と白さは落ちるね。

Narcissus 'Celtic Wings'
Narcissus 'Celtic Wings' 5 W-W; Dr. John R. Reed; 1995

3球買った'Silver Bells'の中に、ひとつだけ咲きぶりが違う球が混じってた。買った業者のサイトで扱っている品種を確認したり、花の画像を見比べたりして、これだろうと。花被片が平たく開くと、トリアンドルスの面影がなくなる気がするけどね。

この記事へのトラックバックURL
http://plantsman.blog46.fc2.com/tb.php/285-a9e6a442
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。