2010.10.15

Oxalis adenophylla

Oxalis adenophylla, from JJA seeds
Oxalis adenophylla, a tiny bulblet

オキザリス・アデノフィラの現地採集種子を2種類買って、2008年11月には種。今年の2月にたったひとつ発芽して、6月には葉が枯れた株。枯れちゃったか心配になって、とうとう我慢できずに掘ってみたら、直径3~4mmの小さな球根があって、根もしっかり動いてた…掘るんじゃなかったよ。いつもこうだ。でもまあ、せっかくだから写真を撮ってから埋め戻した。画像を確認したらピントがバックの培養土に合っててビミョー。コンデジの限界だね。

この記事へのトラックバックURL
http://plantsman.blog46.fc2.com/tb.php/143-6709e997
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんは。
オキザリスの難物は発芽率も良くないんですかね。
先日20年ぶりぐいらいに球根を植えてみたんです。
前回は葉だけで2年ぐらいで消滅しちゃったんですが
今回は発芽どころかカビが生えて腐ってる感じです・・汗

生きてる球根ってこんなに白いんですね。
いつもあのカサカサのしか見たことないので・・苦笑
Posted by saku at 2010.10.15 23:50 | 編集
sakuさま

こんばんは。
アデノフィラの乾燥球は、sakuさんみたいに
栽培が上手な人でも失敗するんですか。。。
クレームつきまくり?のハズなのに
毎年売ってるのが不思議ですよね。

ワイルドコレクションのタネは、採集したタイミングや、
持ち帰るまでの保存状態なんかも判らないですし、
発芽率は、こんなモノなのかもですね。
アップで見ると、なんかユリ根みたい。。。
大きく育って花を咲かせると良いなあ。
Posted by plantsman at 2010.10.16 00:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する