2014.01.31

Narcissus (bulbocodium var. tenuifolius x romieuxii subsp. albidus var. zaianicus) x self

Narcissus (bulbocodium var. tenuifolius x romieuxii subsp. albidus var. zaianicus) x self
Narcissus (bulbocodium var. tenuifolius x romieuxii subsp. albidus var. zaianicus) x self

ブルボコとロミューの交配種を自家受粉した実生個体の初花。花型はもちろん、やや緑色がかった花色まで親にそっくり。緑色は、咲き進むと退色すると思ったけど、開花5日目でも案外残ってる。

Narcissus (bulbocodium var. tenuifolius x romieuxii subsp. albidus var. zaianicus) x self
Narcissus (bulbocodium var. tenuifolius x romieuxii subsp. albidus var. zaianicus) x self

バルボコは雄しべが副花冠から突出せず、反対にロミューは雄しべが突出する。この花はその中間で、雄しべが副花冠の縁と同じ位置になる。

Narcissus (bulbocodium var. tenuifolius x romieuxii subsp. albidus var. zaianicus) x self
Narcissus (bulbocodium var. tenuifolius x romieuxii subsp. albidus var. zaianicus) x self

草姿。葉は、ロミューよりかなり長く太めだけど、バルボコのようにだらしなく寝ることはなく、ほぼ直立。花茎の短さとは、バランスが良くないかもね。

Eranthis pinnatifida, Ryokami
Eranthis pinnatifida. Ryokami, Ogano-machi, Saitama.

セツブンソウが開花。今シーズンの一番乗りは、埼玉県の旧秩父郡両神村産の実生。去年の早春、数百の実生ポットの中から、葯の紫色が濃い花を選ばせてもらった。
スポンサーサイト




Posted at 21:17 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |