--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.03.28

Narcissus papyraceus

Narcissus papyraceus, JJA 702.720
Narcissus papyraceus, JJA 702.720, almost certainly originating in Morocco.

モロッコで採集されたとほぼ確定した、パピラケウス。一昨年の秋に5号鉢に3球植えにして、去年は1球が開花、今年は3球全てが開花。

Narcissus papyraceus, JJA 702.720
Narcissus papyraceus, JJA 702.720, almost certainly originating in Morocco.

開花時の花茎の丈は、球根が充実してきてもこの程度で収まりそうだ。やっと複数個体が咲いて、他家受粉で完熟種子が穫れるか。
スポンサーサイト

Posted at 22:06 | Bulbs 球根類 | COM(2) | TB(0) |
2013.03.21

Muscari armeniacum, ex. pink form

Muscari armeniacum, ex. pink form
Muscari armeniacum, ex. pink form, JJA 688.012.
Turkey, Konya, S of Beyşehir Golu. 1100m. Roadside verge. Ex. R. & R. Wallis 90-50.

きょうは少し気温が下がった。それでも最低10℃、最高16℃。このムスカリは、花が老化するほど桃色が濃くなるけど、気温が高いと下の花の萎れが先に来る。

Posted at 20:02 | Bulbs 球根類 | COM(2) | TB(0) |
2013.03.20

Narcissus seguriensis

Narcissus seguriensis
Narcissus seguriensis, JJA 706.250, ex. JWB 01-05. Original collection: Spain, Jaen, Sierra de Segura.

実生初花。2004年1月播種、2005年2月発芽。種子まきから9年目、やっと開花した。なかなか大きくならなくて、長く9cmポットに据え置いたままにしたのが悪かったんだろうと思う。

Narcissus seguriensis
Narcissus seguriensis, JJA 706.250, ex. JWB 01-05. Original collection: Spain, Jaen, Sierra de Segura.

一昨年の秋、12cmの鉢に球根を深植えしてみたら、2作目の1個体に花が着いた。花茎に花が2個以上着くのがふつうらしいけど、まだ球に力が足りないのか1個だけ。

Muscari armeniacum, ex. pink form
Muscari armeniacum, JJA 688.012, ex. pink form

昨日の最高気温は、棚下の日陰で29℃、今朝は14℃。花があっという間に老化する。一晩で花茎が1cm近く伸びて、花色も濃くなった。

Posted at 21:35 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.19

Muscari armeniacum, ex. pink form

Muscari armeniacum, ex. pink form
Muscari armeniacum, ex. pink form, JJA 688.012.
Turkey, Konya, S of Beyşehir Golu. 1100m. Roadside verge. Ex. R. & R. Wallis 90-50.

今年も咲き始めた。JJAから買った、最初の種子のひとつ。この鉢のムスカリは、採集されたオリジナル個体から数えて3世代目か4世代目になるのかな。アルメニアカムの中では遅咲きだと思う。

Muscari armeniacum, ex. pink form, 2nd generaton
Muscari armeniacum, ex. pink form, self pollinated seedlings

上の中で、いちばん濃色だと思った個体をセルフで実生した初花。あまり変わらない気がするけど、どうなんだろ?まだ株ができてないから花穂も小さいしね。オランダではオリジナル個体の実生から、いわゆる優良個体が選抜・栄養繁殖され、Muscari 'Gul Delight'という品種名で市販されてる。そのうち、ウチのとどう違うのか比べてみたい。

Posted at 23:15 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.18

Fritillaria japonica, spotless form #2

Fritillaria japonica, spotless form
ミノコバイモ青軸白花 Fritillaria japonica, spotless form

軸が伸びて、見良い草姿になった。2010年秋に鱗茎1個入りのポットを買って栽培開始。ブドウ糖と液肥で太らせればすぐに咲くと思ってたけど、2年続けて根出葉が増えるだけで開花せず、今年がウチでの初開花。来春は3輪咲くかな。

Posted at 23:45 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.12

Fritillaria japonica, spotless form

Fritillaria japonica, spotless form
ミノコバイモ青軸白花 Fritillaria japonica, spotless form

ミノコバイモの白花として、2010年秋に買った苗が初開花。まだ草丈が低い。

Fritillaria japonica, spotless form
ミノコバイモ青軸白花 Fritillaria japonica, spotless form

軸にも葉にも、花被片の内側にも全く色素がない。

Fritillaria japonica, spotless form
ミノコバイモ青軸白花 Fritillaria japonica, spotless form

ただ、花被片の付け根、花柄との境の部分に小さな色素斑が。

Posted at 22:29 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.04

Scillas

Scilla ingridiae, JJA. 874.009
Scilla ingridiae, JJA. 874.009, ex. a N. Stevens coll. (Original collection: Turkey, SE of Kahramanmaras.)

去年に引き続き、今年もかなり開花が遅い。シベリカに似てるけど、かなり小型なのがいい。

Scilla libanotica, JJA. 874.309
Scilla libanotica, JJA. 874.309, ex. R.& R.Wallis 99-04.(Original collection: Lebanon, East of Beirut, Tarchich. Damp, shady, rock crevices.)

本来は、こんなふうに咲くらしい。上のと同じように肥培してるつもりなんだけどなあ。草丈は、高緯度地方のハウス内と比べることはできないけど、花型まで違うのはおかしい。本当は採集地が違うんだろうか。

Posted at 23:35 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2013.03.03

Narcissus cantabricus var. petunioides

Narcissus cantabricus petunioides
Narcissus cantabricus var. petunioides, ex. Van Tubergen

うちで育てていたJJA実生のペツニオイデスが植え替え後に腐って、小球がわずかに残っただけになったときに、譲っていただいたもの。翌年、べつの方からいただいたペツニオイデス1球が、これと同じものだと判り一緒に植えた。

Narcissus cantabricus petunioides
Narcissus cantabricus var. petunioides, ex. Van Tubergen

真上からの全景。葉の数が少なく、そのぶん長く20cmくらいまで伸びるけど、やや伏せ気味に斜上するから、短い花茎の上に平開する花の邪魔にはならない。遅咲きなのをとにかく何とかしたくて、早咲きのロミューの中で、なるべく花が白くて副花冠が開くタイプの花粉をつけてみた。

Narcissus cantabricus petunioides
Narcissus cantabricus var. petunioides, ex. Van Tubergen

横から。副花冠が平開して、雌しべが雄しべとほぼ同長なのが特徴。植物学的には、カンタブリクスの変種扱いだけど、現在までのところ、自生しているカンタブリクスには同じような花を咲かせるものが見つからないため、副花冠が特に平開する変異個体と見なす意見もあるらしい。

Posted at 23:36 | Bulbs 球根類 | COM(2) | TB(0) |
2013.03.01

Narcissus cantabricus

Narcissus cantabricus
Narcissus cantabricus, Spain, Madrid, Aldea del Fresno. 500m. Clay. R. D. Dominguez coll.

スペイン、マドリード州で現地採集された種子の実生。種子の量が多くて、分けて播いても4ポットになった。去年の3月に1個体だけ初花を咲かせたのが、今年はほぼ全ての個体が開花した。

Narcissus cantabricus
Narcissus cantabricus, Spain, Madrid, Aldea del Fresno. 500m. Clay. R. D. Dominguez coll.

副花冠は、ラッパというかメガホン型のがほとんどだけど、ひとつだけそこそこ開く個体を発見。実生のご褒美だ。

Posted at 22:19 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。