--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.04.30

Iris polakii

Iris polakii
Iris polakii, from JJA Seeds #584.750 listed as Iris barnumae f. protonyma
Iran, West Azerbayejan, N of Khoi, Khamsian pass. 1585m. Residual steppe between cultivated areas.

2008年11月播き、同12月発芽。4シーズン目で初花。他の個体は来年。アゼルバイジャンはイランの隣国の名前だと思ってたら、イランにも西アーザルバーイジャーン州ってのがあった。

Iris polakii
Iris polakii, from JJA Seeds #584.750 listed as Iris barnumae f. protonyma

想像してたより矮性で、上弁のてっぺんまでが20cm弱。ほんのかすかに香りがある。
スポンサーサイト

2012.04.30

Bletilla striata 'Murasaki Shikibu', albostriata type

Bletilla striata 'Murasaki Shikibu'
Bletilla striata 'Murasaki Shikibu', albostriata type

いわゆる青花シランの「紫式部」の白覆輪タイプ。ふつうのシランと比べると、花色の違いがよく判る。やや矮性か。

2012.04.16

Lachenalia orchioides var. glaucina

Lachenalia orchioides var. glaucina
Lachenalia orchioides var. glaucina

去年、球根で譲っていただいたラケナリアが咲いた。冬が寒かったせいか葉先を傷めてしまった。。。すみません。

Lachenalia orchioides var. glaucina
Lachenalia orchioides var. glaucina

ひとつひとつの花の青から紫のグラデーションと、株ごとに違う濃淡が何とも言えないのだ。花茎と葉には鶉斑模様まであって、眺めていて飽きない。

Posted at 23:02 | Bulbs 球根類 | COM(2) | TB(0) |
2012.04.16

Daffodils #8

Narcissus 'Ladies' Choice'
Narcissus 'Ladies' Choice', 7 W-W, Brian S. Duncan, 1995

ヨンキラ系の白花。かなり白いけど、一茎一花の花茎も。原種の血が1/4だから仕方ないのかもね。パピラケウスの花粉を付けてみよう。

Narcissus 'Satchmo'
Narcissus 'Satchmo', 1YYW-W, A.J.R. (John) Pearson, 2004

逆色ラッパ。う~ん、コントラストが良くない。黄色の部分が白っぽくて、白い部分は黄色っぽい。花はデカくて良いんだけどね。咲き終わりに近くなって、やっと見られるようになってきた。

Narcissus '綾音'
Narcissus '綾音 (Aya-ne)', 7 YYW-P

そろそろ咲き終わりだけど、副花冠の黄色味がほとんど抜けて、今月2日の咲き始めとは別の品種のようだ。

Narcissus 'Hillstar'
Narcissus 'Hillstar', 7 YYW-YWW, Grant E. Mitsch, 1979

これも咲き終わり。今月5日の花と比べて、かなりコントラストがはっきりしてきてる…見頃が短い品種が、意外と多いのかなあ。

Posted at 23:01 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2012.04.13

Daffodils #7

Narcissus 'Version'
Narcissus 'Version', 1W-P, Brian S. Duncan, 2006

買ったところでは大杯に分類してたけど、登録はラッパ。咲き始めは、副花冠がクリーム色で品種違いかと心配したけど、だんだんピンク色がかってきた。

Narcissus 'Rocoza'
Narcissus 'Rocoza', 2 YYW-P, Brian S. Duncan, 2009

まだ咲き始め。これから副花冠の黄色味が抜けてくるんだろうか。いまのままじゃ、黄弁赤ラッパと見分けがつかない。

Narcissus 'Catalyst'
Narcissus 'Catalyst', 2 W-R, Grant E. Mitsch, 1995

ピンク大杯の交配から出てきた赤大杯で、オレンジ大杯の系統とは副花冠の赤の色味が全く違う。米国で作出された品種って、色はまあまあなんだけど花被片が乱れてて残念なのが多い。

Posted at 23:52 | Bulbs 球根類 | COM(2) | TB(0) |
2012.04.10

Anemone nikoensis '鈴鹿 (Suzuka)'

Anemone nikoensis 'Suzuka'
イチリンソウ‘鈴鹿’ Anemone nikoensis 'Suzuka'

鈴鹿山脈の藤原岳に自生するイチリンソウから選抜された、極丸弁大輪の命名個体。他の自生地のものよりも小型で、さらに大輪という優れモノ。

Anemone nikoensis 'Suzuka'
イチリンソウ‘鈴鹿’ Anemone nikoensis 'Suzuka'

根茎が、鉢中をグルグルまわるくらいになったほうが花着きが良いらしいので、来年に期待。

2012.04.05

Daffodils #6

Narcissus 'Diversity'
Narcissus 'Diversity' 11a W-PPW; Brian S. Duncan; 1999

2日に撮影した画像と比べて、かなり黄色味が抜けた。副花冠の縁も白くなって、イイ感じになった。

Narcissus 'Hillstar'
Narcissus 'Hillstar' 7 YYW-YWW; Grant E. Mitsch; 1979

ヨンキラ系の逆色で、種子親にも花粉親にもなるってことで買ってみた。副花冠は、これからもっと白く抜けてくるんだろうか?ウイルス斑がベタベタに出てるから、交配種子を採ったら廃棄しないと。そんなの売るなよ。

Narcissus 'Princess Kiko'
Narcissus 'Princess Kiko' 2 W-P; W.F. Leenen & Sons; 2008

畏れ多くも秋篠宮妃殿下の御名前を戴いた品種………こういうのって、評価が低くて人気が出なかったらどうすんのかね。咲き始めから濃いめのサーモンピンク色で褪せないのは素晴らしい。原種系でない栽培品種としては小型のほうだと思う。カタログには有香と書いてあったけど、それほど香らない。

Narcissus 'Silver Bells'
Narcissus 'Silver Bells' 5 W-W; Grant E. Mitsch; 1962

トリアンドルス系の栽培品種は、年々球根が減っていく'Ice Wings'しかなかったので買ってみた。種子親としても花粉親としても使えるらしいけど、花型と白さは落ちるね。

Narcissus 'Celtic Wings'
Narcissus 'Celtic Wings' 5 W-W; Dr. John R. Reed; 1995

3球買った'Silver Bells'の中に、ひとつだけ咲きぶりが違う球が混じってた。買った業者のサイトで扱っている品種を確認したり、花の画像を見比べたりして、これだろうと。花被片が平たく開くと、トリアンドルスの面影がなくなる気がするけどね。

Posted at 23:55 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2012.04.02

Daffodils #5

Narcissus 'Easter Moon'
Narcissus 'Easter Moon' 2 W-GWW; Guy L. Wilson; 1954

花が開き始めて2日ほどで副花冠の黄色味が抜けて、花被片と同じ純白になる。かなり白いと思う。花筒の底の緑色に、黄色味が少ないのも良い。これも、畑に据え置きで2年目。あと数日して、花被片が伸び切ってから撮影したかったけど、3日は大荒れの天気で花弁がボロボロになりそう。

Narcissus 'Diversity'
Narcissus 'Diversity' 11a W-PPW; Brian S. Duncan; 1999

う~ん、副花冠の色が記号とかなり違う…咲いてから5日は経ってるのに、黄色味が抜けないし副花冠の縁が白くならない。ピンク色のスプリット・コロナって、こんなもんなの?気候のせい?

Narcissus 'Lilac Charm'
Narcissus 'Lilac Charm' 6 W-GPP; Brian S. Duncan; 1973

花被片があまり反らないのが残念。花被片の白さと、副花冠の黄色味が抜けるのはイイ感じ。

Narcissus 'Wheatear'
Narcissus 'Wheatear' 6 Y-WWY; Grant E. Mitsch; 1976

キクラミネウス系のハイブリッド。これも、もう少し花被片が反り返るといいのに。

Narcissus '綾音 (Aya-ne)'
Narcissus '綾音 (Aya-ne)' 7 Y-YYP

タキイのネット通販。花の香りからヨンキラ系の交雑種だと判った。配色が面白いから、種子か花粉に稔性があるといいんだけど、日本で作出された栽培品種は、ほとんど情報がないのが残念。

Narcissus 'Resistasol'
Narcissus 'Resistasol' 1 Y-O; Brian S. Duncan; 2008

先に咲いた'Glen Clova'と比べて、花被片の形が格段に良くなってる。でも、黄弁赤ラッパ(ラッパ形大杯)の系統は、どれも副花冠の形がそっくりなんだよね。内側のほうが赤味が強いのに、先があまり拡がらず、筒状に近いものばかり。

Posted at 23:50 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。