--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.01.29

Hyacinthella heldreichii #2

Hyacinthella heldreichii
Hyacinthella heldreichii terraced slopes on serpentines at 1100m, near Aksaray, Central Anatolia, Turkey

これも小さい。深い青紫色がいいね。タネが採れるかな?

Hyacinthella heldreichii
Hyacinthella heldreichii

また寒気が来てるらしい。いつも「この冬いちばんの~」って言うのは、なんなんだ。。。ホントに「いちばん」なの?鉢を取り込んだり大変なんだよ。
スポンサーサイト

Posted at 18:08 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2011.01.27

Adonis ramosa '朱宝 (Shu-ho)'

Adonis ramosa 'Shu-ho(朱宝)'
Adonis ramosa '朱宝 (Shu-ho)'

フクジュソウの「朱宝」が咲いた。昨秋、やまくささんから買った苗。想像していたよりも、かなり赤味が強くて、満足の色揚がり。植え替えた年は、色が薄くなりやすいらしいから、来年はもっと赤味が強くなるってことなの?

Adonis ramosa 'Shu-ho(朱宝)'
Adonis ramosa '朱宝 (Shu-ho)'

開花直前まで、ほとんど直射日光が当たらない気温が低い場所で管理して、きのう陽当たりの良い棚上に並べたのが良かったのかもね。株に力がついて、八重弁が出るようになれば最高。

Adonis ramosa 'Shu-ho(朱宝)'
Adonis ramosa '朱宝 (Shu-ho)'

裏側から。土に張り付くように開花してる。茎を伸ばしながら、あと2~3花咲くかも。あと、撮影のために鉢を持ったときに、花に香りがあることに気付いた。鼻を近づけると、結構はっきり香る。どこかで嗅いだことがある匂いだけど、思い出せない。。。

2011.01.26

Crocus michelsonii

Crocus michelsonii
Crocus michelsonii

う~ん、下のスキラとは大違いで、去年と比べて1か月遅れの開花。芽や花芽の休眠打破に必要な条件が違うんだろう。

Crocus michelsonii
Crocus michelsonii

2000年の秋に球根を注文して、開花球1個の代わりに小球2個が届いた。うち、ひとつは翌年発芽しないで消えた。だから、この鉢のミケルソニーは全てクローンなのに、開花期がばらつくんだよね。。。

Crocus michelsonii
Crocus michelsonii

授粉もしてます。横からの眺めが良いのだ。

Posted at 23:03 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2011.01.26

Scilla ingridiae #2

Scilla ingridiae
Scilla ingridiae (Original collection: Turkey, SE of Kahramanmaras. Ex. a N. Stevens coll.)

やっと咲きました。去年と比べて3日遅れ。ブレが少ないね。

Scilla ingridiae
Scilla ingridiae (Original collection: Turkey, SE of Kahramanmaras. Ex. a N. Stevens coll.)

葉の広がりが3cm、花茎の高さも3cm、花の直径が2cm。鉢に植えて、目の高さに持ち上げて眺めないと…

Scilla ingridiae
Scilla ingridiae (Original collection: Turkey, SE of Kahramanmaras. Ex. a N. Stevens coll.)

光が透けた花弁の細胞ひとつひとつが、輝いて見える。

Posted at 22:30 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2011.01.23

Scilla ingridiae

Scilla sibirica subsp. taurica
Scilla ingridiae (Scilla siberica subsp. taurica, ex R.& R. Wallis 93-33. from JJA seeds Turkey, SE of Kahramanmaras. Ex. a N. Stevens coll.)

咲いた花を眺めるのも良いけど、明日は咲くかなあ?と思いながら水やりしたり、きょうは開いたかな?とポットを覗き込むのも、楽しいよね。

Posted at 19:02 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2011.01.20

Hyacinthella heldreichii

Hyacinthella heldreichii
Hyacinthella heldreichii, terraced slopes on serpentines at 1100m, near Aksaray, Central Anatolia, Turkey

トルコ中央アナトリア地方、アクサライ周辺の段丘斜面の蛇紋岩地帯に生えてるヒアキンテラの仲間。標高1,100mって、寒いんだろうね…。きょうから大寒に入ったばかりなのに、もう春だと思ってツボミを覗かせたんなら、やっぱり寒いんだろうなあ。花は濃紫色になるらしいから、開花はまだ先かもね。

蛇紋岩地帯に生えてるっていうけど、フツーの山野草用にブレンドした用土で全く平気みたいね。。。塩基性の特殊な土壌にも耐えますってだけなんだろうか?

Posted at 23:24 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2011.01.19

Crocus korolkowii 'Yellow Tiger'

Crocus korolkowii 'Yellow Tiger'
Crocus korolkowii 'Yellow Tiger', raised by Dr. Janis Ruksans

販売リストで、作出者自身が最高の品種だと書いていたので買ってみた。花が、ようやくちゃんと開いた。栽培品種名は、外花被の外側の模様が虎の毛皮の模様に見えたから、らしい。どうなの?とは思うけど、黒に近い焦げ茶の細かい掃け斑は、文句なくきれい。

Crocus korolkowii 'Yellow Tiger'
Crocus korolkowii 'Yellow Tiger'

昼間、陽に当たってよく開くと、かなり香る。粉っぽい、ハチミツに似た香り。サフランぽい感じはなし。雌しべがちがうもんね。

Crocus korolkowii 'Yellow Tiger'
Crocus korolkowii 'Yellow Tiger'

陽に当てると花弁がキラキラ光るのが好きだ。濃い黄色というか、橙色を感じる自己主張の強い花色は、それほど好みじゃないけど、春が待ち遠しいこの時期には良いかも。

Posted at 23:57 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2011.01.17

Narcissus romieuxii subsp. albidus var. zaianicus MS.168

Narcissus romieuxii subsp. albidus var. zaianicus MS.168
Narcissus romieuxii subsp. albidus var. zaianicus MS.168

去年と比べて約1か月遅れで開花。花も2つしか着かなかった。去年の夏の異常高温に続いて、12月になっても25℃超の日があって、なかなか気温が下がらなかったせい?

Narcissus romieuxii subsp. albidus var. zaianicus MS.168
Narcissus romieuxii subsp. albidus var. zaianicus MS.168

ここ数日の異常な寒さでも花弁が凍り付いてしまうことがなく、咲き進むにつれて花の白さが際立ってきてるみたいだ。これで去年並の花着きだったら良かったのに…

Crocus korolkowii 'Yellow Tiger'
Crocus korolkowii 'Yellow Tiger'

きょうの昼間は12℃まで気温が上がって、昨日の寒さで閉じたままだったクロッカスも、ちゃんと花を開いたよ。

Crocus sieberi subsp. atticus 'Stunner'
Crocus sieberi subsp. atticus 'Stunner'

Posted at 21:19 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2011.01.16

寒い。

Crocus korolkowii 'Yellow Tiger'
Crocus korolkowii 'Yellow Tiger', raised by Dr. Janis Ruksans

きょうの最高気温は、庭の棚下の温度計で5℃…この低温は異常。寒すぎて陽が当たってもクロッカスが開かない!寒いと花保ちは良くなるみたいだけど、満足に開かずに終わっちゃうのはなあ…

Crocus sieberi subsp. atticus 'Stunner'
Crocus sieberi subsp. atticus 'Stunner'

明日は10℃台になるらしい、というか、なってもらわないと。

Posted at 15:42 | Bulbs 球根類 | COM(2) | TB(0) |
2011.01.11

Narcissus romieuxii var. mesatlanticus

Narcissus romieuxii var. mesatlanticus
Narcissus romieuxii var. mesatlanticus, SRGC 2845

1月8日に池袋サンシャイン蘭展の売店で見つけたメサトランティクス。いろいろ並んでた原種スイセンの中でも特に小型で小輪だったけど、副冠が完全に開いて反り返ってて、いちばん目立ってた。

Narcissus romieuxii var. mesatlanticus
Narcissus romieuxii var. mesatlanticus, SRGC 2845

この花はすでに咲いていて葯も乾いた感じになってたけど、もうひとつの花が花粉を吹いたばかりだったから、今後咲いてくる別種と交配するために保存。今年はウチの花が遅いおかげで、イロイロ交配できそうだ。セルフ授粉もしといたけど、他の花の花粉が先についてたかもね。

Posted at 23:09 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2011.01.10

Narcissus romieuxii var. mesatlanticus '筑波の花火(Tsukuba-no-Hanabi)' #2

N. romieu. v. mesat. 'Tsukuba-no-Hanabi'
Narcissus romieuxii var. mesatlanticus '筑波の花火(Tsukuba-no-Hanabi)', ARGS-3335

やまくささんのネットショップで10月に譲ってもらったロミューのメサトランティクス。12月27日のツボミが開花した、、、のかな?葯が開いていないし、香りもしてないから、まだツボミなのかも知れないけど…

N. romieu. v. mesat. 'Tsukuba-no-Hanabi'
Narcissus romieuxii var. mesatlanticus '筑波の花火(Tsukuba-no-Hanabi)', ARGS-3335

花が、副花冠どころか花筒の付け根まで裂けていて、原型を留めてないよ。とりあえず、ちょうど咲いていたNarcissus romieuxii subsp. albidus var. zaianicus MS168の花粉を媒助してみた。

Posted at 18:59 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。