--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.02.25

Narcissus papyraceus

Narcissus papyraceus originating in Morocco
Narcissus papyraceus originating in Morocco

花弁の先端まで、高さ6cm。去年も同じくらいで咲いてるから矮性なのかも知れないけど、カナリクラツスのように地植えすれば大きくなるのかも。

Narcissus papyraceus originating in Morocco
Narcissus papyraceus originating in Morocco

葉も、長いので20cm程度。黄変してる葉があるのは、モロッコ産で寒がるから?
スポンサーサイト

Posted at 23:29 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.25

Hyacinthella dalmatica ‘Grandiflora’

Hyacinthella dalmatica 'Grandiflora'
Hyacinthella dalmatica ‘Grandiflora’

急に暖かくなったせいか、花茎や葉が伸び出す前に花が咲き始めてしまった。そういえば、ムスカリもヒアキンテラも同じアスパラガス科だ。今年は花穂が3本だから、順調に大きくなってる。

Hyacinthella dalmatica 'Grandiflora'
Hyacinthella dalmatica ‘Grandiflora’

画像だと大きく見えるけど、花穂の幅が1cm…これで‘Grandiflora’?

Posted at 23:25 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.23

Narcissus with nice fat seed pods

Narcissus bulbocodium var.tenuifolius x N. romieuxii subsp. albidus var.zaianicus
Hoop petticoats with nice fat seed pods

左は、ロミュー亜種のザイアニクス変種アルビドゥス MS 168、右はテヌイフォリウス×ザイアニクス。テヌイ×ザイは、花後に葉が伸びず立ったままで、行儀がイイ。花立ちも良くて、12月下旬から2月初旬にかけて、次から次へと20輪くらい咲いた。セルフでも結構実が膨らんできてる。遅く咲いたのはペチュニオイデス実生の開花と重なったから交配してみた。

Narcissus cantabricus var.petunioides self seedlings
Narcissus cantabricus var.petunioides self seedlings from original clone

花は遅いけど、副冠がよく開いて花被片にくっついてる個体。早く咲いたのとは、開花時期が一ヶ月近く違う。個体ごとにポットを分けたほうが、見やすそう。でも球根になっちゃうと区別しにくいんだよね。

Posted at 23:56 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.21

Muscari ex. ‘Rosy Sunrise’

Muscari ‘Rosy Sunrise’
Muscari ex. ‘Rosy Sunrise’, from JJA Seeds

今年は花茎が伸びないうちに咲き出した。2008年3月に実生初花で、そのときに陽当たりが良くない場所で徒長して咲いたせいなのか、去年は花を休んだ。昨秋、大きなポットに植え替えて日なたで肥培してみたら、葉も徒長しないでがっちり育ち、ほぼ全ての個体に花が咲きそう。

Muscari ‘Rosy Sunrise’
Muscari ex. ‘Rosy Sunrise’, from JJA Seeds

一昨年の花よりは濃い感じで、紫色がからない桃色なのは珍しいと思うけど、種子リストに「最も濃色の桃色花ムスカリと思われる」って書いてあったのは、ちょっと大げさだよね。今年は、いちばん濃いのを選抜してセルフしてみよう。

そういえば、‘ピンク・サンライズ’の名前で、数年前からホームセンターなんかでも売られてるムスカリがある。検索画像で見る限り、草姿もかなり似てると思う。名前も似てるし、もとは同じ実生群から選抜されたのかも知れない。

Posted at 19:46 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.21

Cyclamen coum seedlings

Cyclamen coum, ex. variagated leaf
Cyclamen coum seedlings (ex. variagated leaf, from Green-Ice-Nursery)

斑入り葉コウムの実生苗。去年の秋、オランダのGreen-Ice-Nurseryから、コウムの種子をいろいろ買った中のひとつ。10月下旬に播いて、年末ぐらいからポツポツ発芽。斑入りも良いけど、黄色っぽいのは育つのかなあ?ゴールドリーフで仕上がったらイイ感じだね。

Eumerus sp.
A hover fly (Eumerus sp.) is eating Scilla ingridiae pollen grains

ハイジマハナアブの仲間が飛んでた。いつもより、ちょっと早いかな。よくよく観察すると、蜜じゃなくて花粉を舐め取ってるのね…あまりたくさん食べないでよ。紫~青色系の花に惹かれるみたいで、隣で咲いている黄色い花には見向きもしなかった。

Posted at 00:14 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.19

Narcissus cyclamineus

Narcissus cyclamineus
Narcissus cyclamineus, ex J.W. Blanchard 02-01 (Portugal, Sigüeiro near Santiago de Compostella.)

2004年1月播種、2004年11月発芽、2009年2月実生初花。花被片が完全に反り返って開花した。去年の秋に、実生してから初めて植え替えたとき、球根が小さめのピーナツサイズだったから、開花しないだろうと思ってビニポットに植えたけど見込み違い。バルボコの仲間の開花球よりも小さくて、あれで開花サイズなのは驚き。

Posted at 22:07 | Bulbs 球根類 | COM(2) | TB(0) |
2010.02.18

Narcissus cyclamineus

Narcissus cyclamineus
Narcissus cyclamineus, ex J.W. Blanchard 02-01 (Portugal, Sigüeiro near Santiago de Compostella.)

まだ開きかけ。シクラメンよりカタクリに似てる気がするんだけど…。開き始めると、気温や天候に関係なく、どんどん開いてくるね。

Hepatica nobilis var. japonica f. magna 'Suisei' x 'Shinkai'
Hepatica nobilis var. japonica f. magna ‘Suisei’ x ‘Shinkai’

雪割草(オオミスミソウ)‘彗星’ב深海’。濃青紫色花の銘品同士の交雑実生。どちらも株分け品には到底手が出ないから、両方の血を引いた苗を入手してみた。陽に当てるとビロード状の光沢がきれい。他のが咲かないから、とりあえずセルフで授粉。

Posted at 17:42 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.16

Cymbidium goeringii from Sichuan #2

Cymbidium goeringii from Sichuan
Cymbidium goeringii from Sichuan

朶朶香の黄色花。春らしい黄色で花型も良く、香りも強くてお気に入り。学名は、日本春蘭と中国春蘭が一緒なのは、まあ納得できるけど、この朶朶香まで同じなのは、ちょっと納得いかないなあ。

Posted at 23:06 | Orchids ラン類 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.14

Scilla libanotica

Scilla libanotica, ex R.& R.Wallis 99-04
Scilla libanotica, ex R.& R.Wallis 99-04

別の個体が咲いてきた。開いたばかりで花弁もまだ伸びきっていないのに、最初に咲いた左側の花より大きい。こっちのほうが、種子リストの説明に近いのかも知れないなあ。

Narcissus cyclamineus
Narcissus cyclamineus
2日間の冷たい雨でよく見てないうちに、ツボミが俯いて苞葉から出てきた。花茎が短すぎて、俯いたツボミの先が土に当たって、小花梗がよじれてる…

Posted at 23:52 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.11

Crocus pestalozzae ex. blue form

Crocus pestalozzae ex. blue form
Crocus pestalozzae ex. blue form, from JJA Seeds

2004年10月は種、2005年1月発芽、2009年2月実生初花。ビフロルス種やクリサンツス種と同じグループの種。よく似てる。

Crocus pestalozzae ex. blue form
Crocus pestalozzae ex. blue form, from JJA Seeds

去年より充実して、全体的に大きくしっかりしてきた…とは言っても、やはり小型でかわいい。花糸の付け根の黒点が、この種独特の特徴らしい。

今日も暖かかった。最低10℃最高20℃。花の咲きが早い。

Posted at 00:35 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.09

Scilla libanotica

Scilla libanotica
Scilla libanotica, ex R.& R.Wallis 99-04

2004年10月播種、2005年2月発芽、2009年4月実生初花。「薄青色の超大輪」ってカタログには書いてあったけど、花の大きさはScilla ingridiaeより小さい…どういうこと?色はいいね。去年は、1個体しか咲かなくて、まだ株に力がないせいだと思ったけど、そうでもないみたい。他の個体が咲くのを待ってみよう。

Posted at 22:26 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.07

Cymbidium goeringii from Sichuan

朶朶香肌色花
Cymbidium goeringii from Sichuan

四川省産の朶朶香。写真のほうが色がイイ。舌があまり巻き込まないから、紅一点がよく見える。よく伸びる花茎が紅くなるのも、ちょっと変わってる。香りが強くて、一鉢置いておくだけで部屋中が香るのがいいね。今年はちょっと早く開いた。

Posted at 20:44 | Orchids ラン類 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.04

Scilla ingridiae

Scilla ingridiae
Scilla ingridiae ex. R.& R. Wallis 93-33 (labeled as Scilla siberica subsp. taurica)

寒い。1月23日に開花した個体。1本目の花茎はほぼ咲き終わって、2本目が満開。3本目が覗いてきてる。他の個体が、やっと咲きそうなのと比べると、やっぱり早咲きの性質を持ってるんだと思う。

Posted at 19:34 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.03

Sowing 2010 Spring #3

*JJA Seeds
344.990 Crocus gargaricus
345.100 Crocus gilanicus
345.200 Crocus goulimyi
345.221 Crocus goulimyi var. leucanthus
345.620 Crocus hadriaticus
346.302 Crocus karduchorum
346.900 Crocus kotschyanus subsp. cappadocicus
347.009 Crocus kotschyanus subsp. hakkariensis
347.101 Crocus kotschyanus subsp. suworowianus
347.423 Crocus laevigatus
349.305 Crocus olivieri
349.819 Crocus pallasii
350.800 Crocus reticulatus
351.100 Crocus rujanensis
351.609 Crocus serotinus
352.501 Crocus sieberi subsp. nivalis
353.005 Crocus speciosus
353.020 Crocus speciosus
353.150 Crocus tauricus
353.205 Crocus thomasii
354.609 Crocus versicolor

Posted at 23:46 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.02

Crocus tommasinianus 'Pictus'

Crocus tommasinianus 'Pictus'
Crocus tommasinianus 'Pictus'

トマシニアヌスは、春咲きのハズなんだけど…。濃紫色の弁先がポイント。まだ寒い時期に咲いたからか、全体的に花色が濃い感じがする。

Crocus tommasinianus 'Pictus'
Crocus tommasinianus 'Pictus'

弁先に色が違う斑点や模様が入るのは、トマシニアヌスの他にC. sieberiC. vernusがある。この品種には、早咲きのC. sieberiの血が入っているのかも?

Narcissus cantabricus var. petunioides
Narcissus cantabricus var.petunioides self seedlings from original clone

最初に咲いたのとは別個体。ビミョーに黄色がかってるけど、副冠の開き方が整っていて形はきれい。

Narcissus cantabricus var. petunioides
Narcissus cantabricus var.petunioides self seedlings from original clone

副冠は、もっと開きそう。花被片にくっつくまで開くといいな。

Posted at 22:12 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.01

Sowing 2010 Spring #2

*JJA Seeds
339.701 Crocus adanensis
399.852 Crocus alatavicus
340.007 Crocus ancyrensis
340.202 Crocus antalyensis
340.351 Crocus asumaniae
340.410 Crocus autranii
340.908 Crocus biflorus subsp. adamii
341.250 Crocus biflorus subsp. isauricus
341.729 Crocus biflorus subsp. tauri
341.927 Crocus cancellatus subsp. damascenus
341.973 Crocus cancellatus subsp. lycius
342.009 Crocus cancellatus subsp. mazziaricus
342.209 Crocus cancellatus subsp. pamphylicus
342.607 Crocus carpetanus
342.810 Crocus cartwrightianus
342.850 Crocus cartwrightianus var. creticus
343.211 Crocus chrysanthus
343.403 Crocus corsicus
344.204 Crocus danfordiae from yellow form
344.205 Crocus danfordiae from blue form

Posted at 23:48 | Seeds 種子 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。