--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.01.31

Sowing 2010 Spring #1

*JJA Seeds
160.600 Anemone caucasica
358.231 Cyclamen alpinum from white forms
358.232 Cyclamen alpinum f. leucanthum
360.050 Cyclamen coum
561.603 Helleborus multifidus subsp. hercegovinus
561.808 Helleborus niger
562.602 Helleborus purpurascens
585.909 Iris danfordiae
590.256 Iris kirkwoodii
590.268 Iris kolpakowskiana
595.813 Iris reticulata
596.604 Iris sari
597.950 Iris sofarana subsp. kasruwana
601.600 Iris zagrica
693.652 Narcissus alcaracensis
693.701 Narcissus alpestris
694.004 Narcissus asturiensis
696.600 Narcissus bulbocodium var. pallidus
700.200 Narcissus cupularis
700.324 Narcissus dubius
700.980 Narcissus eugeniae
703.605 Narcissus provincialis var. bicolorans
707.200 Narcissus tortifolius
2.780.800 Rhodophiala elwesii
2.970.929 Tropaeolum hookerianum subsp. austropurpureum
スポンサーサイト

Posted at 23:55 | Seeds 種子 | COM(0) | TB(0) |
2010.01.31

Helleborus niger, variegated leaf, semi-double flower

Helleborus niger variegated semi-double
Helleborus niger, variegated leaf, semi-double flower

唯一育てているヘレボルス。暴れるけど、完全に斑が逃げることは少ないと思う。黄色地に緑の散り斑が入るときれい。ネクタリーの弁化が不完全で、緑が残るところが気に入ってる。いちおうセミダブルと呼んでいいのかな?

Narcissus cantabricus var. petunioides
Narcissus cantabricus var.petunioides self seedlings from original clone

副冠の歪みはなくなった。雌しべが短くて雄しべとほど同じ長さなのが特徴的。

2010.01.31

タネまき準備

9cm seed pots
9cm seed pots filled with sieved volcanic loam

調子に乗ってタネを68種類も注文してしまったので、とりあえずタネまき用土を入れた9cmポットを、24穴のトレイに4枚ぶん準備した。下半分は中粒のボラ土、硬質鹿沼、軽石、珪酸塩白土、木炭片の混合。その上に同じ材料の小粒を混ぜた培養土を入れて、二本線硬質赤玉土を1cmくらい被せた。結構めんどくさいんだけど、この硬質赤玉土が発芽に良い具合に湿度を保ってくれるし、発芽後も土が劣化しにくくて、特に混み合わなければ初花が咲くまでの3~4年間は、そのままで植え替えなくて済むし。でも気分が乗らなくてラベル書きが進まない…。播くのは31日にする。どこに置こう…

Narcissus cantabricus var. petunioides
Narcissus cantabricus var.petunioides self seedlings from original clone

昨日の花。副冠がかなり開いてきた。やっぱり香り…というか臭いが良くない。キャンプ場とかに置いてある汲み取り式の簡易トイレの消臭剤みたいな…

Posted at 00:42 | Seeds 種子 | COM(2) | TB(0) |
2010.01.30

Narcissus cantabricus var. petunioides セルフ実生

Narcissus cantabricus var. petunioides
Narcissus cantabricus var.petunioides self seedlings from original clone

2004年1月播種、2004年11月発芽、2008年2月実生初花開花。
冬至の頃より日射しが強くなってきて、昼間の温度が連日10℃を超えるようになった。ペツニオイデスは、カンタブリクスの中では遅咲きだと思う。咲き始めは、去年より5日早い1月27日。

Narcissus cantabricus var. petunioides
Narcissus cantabricus var.petunioides self seedlings from original clone

一昨年も去年も、最初に咲いた個体は開き初めの副冠がこんな感じに波打ってた。後から咲いてくる個体は、波打たずにきれいに広がってきたから、やっぱり遺伝的なものなのかなあ。開き切れば整うと思う。右下に写ってる別個体のツボミは、8弁花かな?

25日に届いたタネの播種準備は、土入れまで終了。これから、めんどくさいラベル書きしなきゃ。

Posted at 00:09 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.01.25

Seeds from JJA Seeds

Seeds from JJA
A seed package from JJA Seeds

ついに届いた。注文から2か月あまりで到着…いつもの倍くらいかな。オーナーのジムさんの体調が良くないらしくて、発送の遅れだけじゃなくて、次回のリスト発行の予定が立たないことまでお詫びするメッセージがついてきた。こんなの初めて…深刻じゃないといいけど。そんなことに気を遣うより、ゆっくり休んで早く元気になって欲しいなあ。

運良く品切れはなかったけど、注文リストを読み間違えたのか品違いが1つあった。早く播き床を準備しよう。

Posted at 22:16 | Seeds 種子 | COM(2) | TB(0) |
2010.01.23

Scilla ingridiae

Scilla ingridiae
Scilla ingridiae ex. R.& R. Wallis 93-33 (labeled as Scilla siberica subsp. taurica)

2004年10月播種、2005年2月発芽、2008年2月初花。入手先のJJAの種子リストではScilla siberica subsp. tauricaで、ずっとそれが正しいと思ってたけど、きのうのブログに載せたキュー植物園の学名検索してみたら、違ってました。でもScilla ingridiaeは、花色がもっと薄い青紫で、穂状にいくつも花が着くみたいなんだよね…

Scilla ingridiae
Scilla ingridiae ex. R.& R. Wallis 93-33 (labeled as Scilla siberica subsp. taurica)

初花が咲いてから毎年この個体だけ明らかに花が早い。休眠期に分けてみようかなと思ってたけど、葉が枯れたらどの球根か判らなくなるし…セルフでタネ採ってみよう。小型で濃色、早咲きの選抜系統ができるかも。なんて。
これから遅れて咲いてくる個体も、それぞれちょっとずつ花色や咲きぶりが違ってるから、野生状態でも結構変異の幅が広いのかも知れない。

Posted at 23:37 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.01.22

Nothoscordum dialystemon

Nothoscordum dialystemon
Nothoscordum dialystemon (syn. Ipheion dialystemon) ex. an A. Castillo coll.

属名がはっきりしないって書いてあるサイトがあったから調べてみた。とりあえずWorld Checklist of Selected Plant Families: Royal Botanic Gardens, Kewで調べると、Nothoscordumが正しい。でも、園芸植物に関する権威で学名にもキビシイRHS Plant Finder: Royal Horticultural Societyでは、ノトスコルダムの学名で検索するとIpheionに分類されて結果が表示される。

2004年10月播き、2004年11月発芽、2008年3月初花。タネを買ったJJA SeedsのリストではIpheion dialystemonだったから、RHS派なのかなあ。

Nothoscordum dialystemon
Nothoscordum dialystemon (syn. Ipheion dialystemon) ex. an A. Castillo coll.

6弁花がふつうらしいけど、うちで咲くのはほとんど8弁花。ハゴロモジャスミンにそっくりな香りがする。

欧州の球根を扱ってる業者のカタログを見ると1球700円くらいしてるところもあって、日本じゃあまり見かけないクロッカスの栽培品種が1球80円くらいで売られてるのと比べると、かなりなお値段。ウチでは殖えが良すぎて、もらい手探しに困ってるけど…。

Scilla siberica subsp. taurica
Scilla ingridiae (syn. Scilla ingridiae var. taurica) ex. R.& R. Wallis 93-33

おまけ。みるみる花茎が伸びて…と言っても、ツボミの先端まで2cmない。

Posted at 22:43 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.01.20

Crocus vitellinus white form

Crocus vitellinus white form
Crocus vitellinus white form Crocus candidus (thanks for Janis and Tony W!!!)
きのうから寒さが緩んで、きょうの最高気温はいきなり15℃を超えた。予報だと今夜~明日朝の最低気温が10℃だって。

Crocus vitellinus white form
Crocus vitellinus white form Crocus candidus

朝、植物の様子を見に行ってびっくり。きのうの様子じゃ、まだ咲きそうになかったこのクロッカスが咲いてるし。もうなんか、ちょっとでも暖かくなるのを待ち構えてて、一晩のうちに苞葉の中から伸び出て咲いたって感じ。アサガオ並みの素早さだね。

Crocus vitellinus white form
Crocus vitellinus white form Crocus candidus

外側に細かい紫色の斑点が入る外花被と、わずかに黄色味を帯びた白い内花被のコントラストが、想像してたよりもかなりイイ感じ。花の外側から見ないと判らないから、あまり開かないほうが見良いかな。

複数の専門家がCrocus vitellinusと同定してるけど、白色花のvitellinusはかなり珍しいらしく、もしかしたらCrocus candidusか、その自然雑種の可能性もあるみたい。でも、この株は1芽あたり3~4枚の葉が出てるから、1~2枚しか葉が出ないcandidusそのもの、とは違うような気がする。

Posted at 20:37 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.01.15

Flower buds

Crocus chrysanthus 'Sunspot'
Crocus chrysanthus 'Sunspot' flower bud blast? or necrosis?

冬咲きのクロッカスなのに、10月中に葉が伸び出して、11月には芽の根元がふくらんで花芽を包む苞が見えてきてしまった。その後、葉は少しずつ伸びるけど花芽の動きが完全に止まったまま。葉鞘から透けて見える葉の付け根が、なんだか黒ずんできてて、裂いて株のまん中を覗くと花芽が全部枯れてた…。黒く腐りかけなのもあって、早く気付いて良かった。できるだけピンセットで取り除いたけど、引っ張ると千切れてしまって、奥まできれいにするのは無理。球根や葉の付け根に腐りが広がるのが心配。水やりで芯を濡らさないように注意しないと。こんなふうにツボミが枯れるのは初めての経験。11月までかなり気温が高かったからかなあ?

Narcissus cyclamineus
Narcissus cyclamineus

Scilla siberica subsp. taurica
Scilla siberica subsp. taurica

Narcissus cantabricus var.petunioides self seedlings
Narcissus cantabricus var.petunioides self seedlings

ツボミいろいろ。この寒さでも、日に日に色付いて大きくなってるのが、けなげすぎる。陽が当たると、葉やつぼみのクチクラ層に反射してキラキラ光るんだよね。週明けに寒さが緩むと、一気に咲くかな。

Posted at 19:17 | Bulbs 球根類 | COM(2) | TB(0) |
2010.01.10

Narcissus bulbocodium var.tenuifolius x N. romieuxii subsp. albidus var.zaianicus

Narcissus bulbocodium var.tenuifolius x N. romieuxii var.zaianicus
Narcissus bulbocodium var.tenuifolius x N. romieuxii subsp. albidus var.zaianicus from YAMAKUSA, an alpine plants nursery

3.5号の角形ロングポットで9輪開花中。ツボミが次から次に伸びてきていて、最盛期はまだまだこれから。左奥の、いちばん先に咲いた花は、もう限界。

Posted at 19:40 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.01.08

Cyclamen coum in two different silver leaf forms

Cyclamen coum silver leaf
Cyclamen coum in two different silver leaf forms

どちらも、銀葉で有香の系統として一昨年の秋に一緒に購入したもの。去年より、葉型と銀葉の程度の差がはっきり出てきたけど…親が違うのかな?どう見ても、右側の株のほうがイイ感じ。今年は香ってくれるかなあ?

Posted at 23:10 | Bulbs 球根類 | COM(2) | TB(0) |
2010.01.05

The symptoms of viral infections...

Crocus sieberi subsp. atticus 'Stunner'
Crocus sieberi subsp. atticus 'Stunner'

きのうより開いて、花芯がよく見えるようになってきたけど、ちょっと気になるコトを発見。

Crocus sieberi subsp. atticus 'Stunner'
Crocus sieberi subsp. atticus 'Stunner' with slightly darker streaks on petals!

内花被の外側にやや濃い色の筋があって、よく見てみると外花被の外側にもビミョーな斑が…。もうひとつの花にも同じような斑があったら、カワイソウだけど処分かな。

Narcissus romieuxii 'Atlas Gold'
Yellowish and dark mosaic markings on Narcissus romieuxii leaves!

去年入手したロミューに出たモザイク模様。入手するときによく確かめたつもりなんだけど、判らなかった…。今シーズンの葉が出てきたときに、ちょっとよれてたりしたから隔離しといたけど、この症状でほぼ確定。セルフでタネを採って、この株は処分しなきゃ。名称つきの栄養繁殖球だから惜しいけど、仕方ないか…他にうつるしね。

Posted at 20:00 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.01.04

Crocus sieberi subsp. atticus 'Stunner'

Crocus sieberi subsp. atticus 'Stunner'
Crocus sieberi subsp. atticus 'Stunner' from Rare Plants UK

開花初日。去年の秋に輸入したクロッカス。尋常じゃない大きさの柱頭がウリの野生選抜個体…というか群落で発見されたらしいから、ホントにこんな栽培品種名を付けちゃっていいの?普通の花はこんな感じ。面白い特徴だし、花色も良い感じだけど、立ちつくして見とれるほどなのかっていうと、人それぞれかもね。明日はもっと開いてくれそう。

Posted at 22:12 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
2010.01.02

Coming soon!

Crocus sieberi subsp. atticus 'Stunner'
Crocus sieberi subsp. atticus 'Stunner' from Rare Plants UK

昨日はまだ苞葉に包まれていたツボミが、きょうはこんなふうに。冷え込みが少し緩んできたから、明日には開くかも。名前負けしない花を期待。


Scilla siberica subsp. taurica ex. R.& R. Wallis 93-33
Scilla siberica subsp. taurica ex. R.& R. Wallis 93-33.

ここ一週間くらいで、急に土を割って芽が覗き、先が開いてきた。今シーズンは、なんでも前倒しになるかも。



Posted at 20:26 | Bulbs 球根類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。