2009.12.27

ヒガンバナ科2種

Narcissus bulbocodium var.tenuifolius x N. romieuxii var.zaianicus
Narcissus bulbocodium var.tenuifolius x N. romieuxii subsp. albidus var.zaianicus

今年の1月にやまくささんから持ち帰った、小型のオリジナル人工交配種。テヌイフォリウスのコンパクトな草姿と、ロミューの良く開く副冠と芳香性を受け継いだ、かなりの優れもの。ペチコート咲きの仲間には、咲き始めに副冠がよれていびつになるものもあるけど、これはどの花も揃って整形で乱れがない。花立ちも良くて、これからたくさん咲いてくる。これは、知人に頼まれて7.5cmのロングポットに分けておいた株。取りに来ないから咲いちゃったよ~。自分用の大きなポットのは、これから。

Amaryllis belladonna seedling
An Amaryllis belladonna seedling tinged with red

10月に、袋一杯のケープベラドンナの種子を配っていた人からいただいたもの。種皮の色と花色がリンクしていると聞いていたので、特に紅味が強い種子を選ばせてもらって播いたウチの1本。どれも葉縁や胚軸の付け根は紅くなってるけど、葉身まで濃い赤味が差してるのはこれだけ。たくさん実生すると、こんなのも出るのかも知れないけどね。続きを読む
スポンサーサイト




Posted at 21:19 | Bulbs 球根類 | COM(2) | TB(0) |