--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.06.19

Melia azedarach ‘Argentina White’

Melia azedarach ‘Argentina White’
A striped fruit of Melia azedarach ‘Argentina White’

5月上旬に咲いた斑入りセンダンの実がとまった。まだ若木だから房成りとはいかない。よく見ると果実の表面にも縞模様が。熟したら播いてみよう。
スポンサーサイト

2010.05.08

Melia azedarach ‘Argentina White’

Melia azedarach 'Argentina White'
Melia azedarach ‘Argentina White’

オーストラリアで選抜されたという説明で買った、センダンの斑入り葉品種が開花。アルゼンチンには自生していないのに、意味不明な品種名…。ヘリオトロープの香りを薄くしたような、甘い香り。このあたりで雑草のように生えてくるセンダンと比べると花色が薄いし感じがするし、中国やインドにも自生してるみたいなので、里帰り品種かどうかは判らない。オーストラリアにも自生するって書いてあるサイトもあるけど、ホントかなあ?

Melia azedarach 'Argentina White'
Melia azedarach ‘Argentina White’

去年の春に接ぎ木2年苗を買って、植え場所が決まらず、ポットのままだったから咲いたのかも。花が咲いた主枝の葉は、斑がかなり少なくて病斑みたいに汚く見える。。。

Melia azedarach 'Argentina White'
Melia azedarach ‘Argentina White’

花芽がつかなかった下のほうの細い側枝には、きれいな斑が入ってるのが皮肉。今年はこのまま育てて、冬に思い切って切り戻してみようかな。

2010.04.08

Prunus ‘Royal Burgundy’

Prunus 'Royal Burgundy'
Prunus ‘Royal Burgundy’

サトザクラ系の‘ローヤル・バーガンディ’。紫葉というか銅葉の八重桜。アメリカで‘関山’の実生苗の中から、葉が色付く枝変わりを選別した品種。花色は‘関山’よりちょっと濃い。

去年の春先に、改●園さんのサイトで接ぎ木1年苗を注文。落葉樹の接ぎ苗にしては、かなり細くてやせたポット苗が届いた。鉢増ししようとポットから抜くと、土がドサッと落ちて細根がほとんど回って無いし…イヤな予感がして土をよく調べると、まるまる太ったコガネの幼虫が4匹も出てきた。運良く出葉前だったから、とりあえずできるだけ土を落として植え替え。初夏には枝が太りだしてイイ感じに成長してると思ったら、接ぎ口の癒合組織がブクブク太りだして根頭がん腫病だと判明。。。いくら取り次ぎ販売でも酷い。ここの通販にクレームつけてイヤな思いをした知り合いが何人かいるし、ネットの評判もビミョ~なのは承知してたけど、いきなり地雷を踏むこともないだろうと思って注文したのが失敗だった。

バラがないから、それほど神経質にはなってないけど、地植えにする前でよかった。接ぎ木で更新するしかないのかなあ…近所の公園のオオシマザクラの実がなったら、台木用に拾ってこよう。

2010.04.02

Magnolia stellata

Magnolia stellata
Wild Magnolia stellata, at Tahara City, Aichi Pref..

愛知県田原市のシデコブシ自生地に行ってきた。シデコブシは、マグノリア類の品種改良に欠かせない重要な原種だけど、愛知県周辺だけにしか自生していない貴重な種なので、一度見に行ってみたかった。

Magnolia stellata
Wild Magnolia stellata, at Tahara City, Aichi Pref..

自生地と言っても放置じゃなくて、下草や余計な雑木を払ったりしてるみたいだった。苗木の補植もしてたし。湧水湿地のちょっと土が盛り上がったところや、軽く踏み込むだけで水がしみ出てくる緩やかな斜面など、かなり水位の高い場所に生えていたのが意外だった。

Magnolia stellata
A flower of wild Magnolia stellata, at Tahara City, Aichi Pref..

花弁数が多くて、比較的花色が濃い花。花弁の裏側のほうが濃い色をしてるのがふつう。

Magnolia stellata
A flower of wild Magnolia stellata, at Tahara City, Aichi Pref..

花色は桃~純白で、花弁数や弁幅も個体によってかなり変異の幅が大きかった。香りは、ごく淡い。鳥媒花らしく、無傷で咲いている花は少なくて、さらにアップで撮影できる高さに咲いている花は、ほんのわずかだった。

Heloniopsis orientalis
Heloniopsis orientalis, a typical undergrowth species in Magnolia stellata grove.

シデコブシの自生地のうちで、少し斜面になっているところでは、下草に必ずショウジョウバカマが生えていた。このあたりのは花の赤色味が強めかな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。